2014年01月02日

角のお店

子供のころ「角のお店にいってくるね」と言って祖父母の家を飛び出したことを思い出します。路地の角にある店は目印にしやすいので「角のおでん屋」とか「角薬局」とかいう通称がついていたものです。
この店は小間物屋でしょうか、陳列台を出して品物を並べてあって、張り出したひさしには風でバタつかないように石が結わいつけてあります。家の中を覗き込んでこんちはと声をかけると、右手の台所の格子たりからはいはいと返事が返ってきそうな風情です。
20061224-115.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

アーケード街の老舗

昔からの商店街だったのでしょう。アーケードの方が後からできたものだから、軒の高さといい柱といい、さらには柱の縦樋が消火栓をよけている姿といい、細部がちぐはぐです。雨戸が閉まっていて白布のカーテンも閉じたままですが、名代で特約店だから今でも毎日ちゃんと店を開けていると思いたい眺めでした。
20070919-003.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

護岸

古い護岸沿いに歩いていくと鉄製の階段がありました。東京の川はたいがいコンクリ壁で囲われていて、川面を覗き見ることはできません。それでもあっちがわがどうなっているのか知りたくて、子供の頃こんな階段を上って、さらにてっぺんまで顔を出せるはしごを捜し歩いたものでした。習い事の手提げかばんを肩に背負ってよじ登ろうとしていると、近所のおばさんが「危ないからおよしよ」と声をかけてくれましたっけ。大人になった今でもやっぱり見てみたくて、階段の上にあがって、また下りました。
20060205-066.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

素人料理

そう宣言されると却っていろいろ想像してしまいます。何が出てくるんだろう。こさえているのはお母さん?メニューはまさか「ごはん」「おかず」「みそしる」なんてことはあるまいなあ。
それとなく中を伺ってみましたがどうも商売している気配も感じられません。それでも夜ともなれば近所の人で賑わうのかもしれません。次回は暗くなってから来ようと思い定めてこの場所をあとにしました。
20070505-029.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 20:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

廃墟になったアパート

古い団地を取材に行ったら、近くに団地とおなじくらい古いアパートがありました。団地が建った頃張り合うようにできたアパートではないかと想像します。間取りが団地よりもちょっと広くて、団地の抽選にもれてこっちに入ったひとも結果的に満足したのかな、などといつもの妄想をたくましくします。まわりの草地も今となっては贅沢。秋になれば虫の音がさやかでしょうね。
20070505-007.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

更地

下町を貫く幹線道路は土盛りを繰り返して土手のように高くなっています。東京の下町はどこまでも平地で、低い家屋が続いているから、土手に上がれば遠くまで眺められます。足元を見ると更地がありました。この場所にも向こう側の平屋みたいなお宅があったのでしょう。上屋を撤去したあとには草が生えて枯れて、わずかに礎石と飛び石が覗いているだけ。かつて空き地だった雰囲気を取り戻していました。
20060205-043.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 13:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

天日干し

夏の日差しをうけた瓦葺きの平屋。玄関の前でなにやら天日干ししていました。商売道具なのか台所の床板でもあるのか、まさかまな板ではあるまいな、などとまたまた想像を働かせます。そういえば昔おじいちゃんの家では北側の縁側の板を外して、こうして日なたに干したりしてたっけ。何日か昼のあいだ干しておくと木の芯までカラカラに乾燥して、いい手触りになったことを思い出します。
20060814-007.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 12:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

長屋

このブログでよくとりあげる長屋です。ここは大きい墓地のまわりなので東京には珍しく行止りはあるし路地は曲がりくねっています。その入り組んだ奥に四軒の長屋がありました。きけばここはテレビドラマのロケにも使われたことがあるそうです。さすがに地面は砂利ではなくアスファルトになっていますが、植木がゴチャゴチャ置いてあって猫がうとうと居眠りをしていて昔ながらの雰囲気です。
20071112-008.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

佃煮屋

都心に残った昔ながらの商店街で懐かしい店構えを見つけました。佃煮といえば佃島だけだと思いがちですが、かつて東京にはいたるところに佃煮屋がありました。その昔、近所の佃煮屋にしょっちゅうお使いに行ったものです。このお店はその雰囲気をよく残していて、子供の私をほめてくれた愛想のいいおじさんがひょっこり出てきそうな気がします。有田焼の大皿、値段を書いた木札、鼻を押しつけておこられたガラス、裾のタイル貼り、どれも昔のままでした。
20070919-015.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 12:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月01日

ここまでくれば立派

そう思いました。都心にもまだあちこちに古い建物が残っていますが、ここまで都心に、こんな建物が残っていたとは。子供のころ近所にこんな雰囲気の町医者があったので、この建物もそうかと想像しましたが、まわりにはここに通院する住人はいそうにありません。三車線の大通りとビルと地下鉄の出口と高架橋ばかりです。さてこの建物、いつまで残っていてくれるものやら。
20060317-006.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 22:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
日当りのいい縁側 by 成瀬夏実 (11/10)
護岸 by シブヤ・トモユキ (09/16)
護岸 by 飯塚晴夫 (09/16)
素人料理 by シブヤ・トモユキ (09/01)
素人料理 by 飯塚晴夫 (09/01)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。