2012年04月09日

門のある家(その8)

古いお宅を修繕しながら暮らしてきたようです。傷んだ板壁はトタン板になり、雨どいもあかから樹脂に変わってしまいました。木戸はいちばん傷む場所なのになぜか昔の姿のまま残っていて、小学校の友達の家の木戸もこんなだったなあと古い思い出を思い起こします。周りの家はみんな無くなってしまい、このお宅だけが場違いのように残ってしまいました。昔は場違いでなかったのに。
20101002-001.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
日当りのいい縁側 by 成瀬夏実 (11/10)
護岸 by シブヤ・トモユキ (09/16)
護岸 by 飯塚晴夫 (09/16)
素人料理 by シブヤ・トモユキ (09/01)
素人料理 by 飯塚晴夫 (09/01)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。