2012年10月28日

たたみでゴロ寝いい気分

知ってます。分かってます。でも今ではそんな贅沢なかなかできないんです。生まれ育った家は畳で、床板縁側と廊下とだいどこだけでした。畳に敷いた布団で寝て、暑いときは畳に落ちて寝たものでした。友達の家に遊びに行っても畳。みんなでゴロゴロしながら少年サンデーを回し読みしたっけなあ。今となってはこのお店が活躍する場はほとんどなくなっていそうに思えて気になります。
20051115-062.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 19:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

貴金属商

商売のための事務所かと思ってよく見たら貴金属商とありました。物を売るお店ではないので麗々しい陳列台や派手な張り紙などはありません。そのかわり、そういう店にない作りをしています。二階部分に見える鉄の扉はいかにも厳重です。一階の大きいガラス窓は商品を選別するための明りとりかもしれません。
20101119-020.JPG

横を覘くと奥行きがありました。町工場のようで、ここで貴金属になにか処理を施すのかもしれません。魚屋や八百屋のようになじみのある店ではないので、いろいろな想像をかき立ててくれます。
20101119-019.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

サンダーバード2号

昔テレビで見たサンダーバードという特撮番組に出てきたロケット輸送機は、目的地に着くと胴体の大部分を占めるコンテナを地上に下ろして、もぬけのからになったロケット本体だけが飛び去ったりしていました。コンテナの扉が開くと、毎回特殊な乗り物や機械が現れるのでわくわくしてブラウン管に見入ったものでした。この倉庫まさか。
20101121-006.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

洋服店

商店街の懐かしい洋服店です。木製の陳列台もショーケースも、店を開くときに誂えたものでしょう。以来ずっと同じスタイルを通しているようです。店内にも、外のテントの柱にも、商品をにぎやかに吊るして、値札も手書き。その文字がまた上手なことも、なぜか懐かしさを誘います。買えるものがあれば進んで買いたい、そんな店構えでした。
20101105-013.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

一杯飲屋

デンキブランといえば浅草の神谷バーですが、このお店も神谷です。何か関係があるのかもしれません。ひともしごろになれば近所のおとうさんがやってきて一杯ひっかけて、ひとっきりおだを上げたら縄のれんをポンとはね上げて「ごっそさま」と言い残して帰るのでしょう。やってみたいものです。
20051115-054.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 20:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
日当りのいい縁側 by 成瀬夏実 (11/10)
護岸 by シブヤ・トモユキ (09/16)
護岸 by 飯塚晴夫 (09/16)
素人料理 by シブヤ・トモユキ (09/01)
素人料理 by 飯塚晴夫 (09/01)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。