2012年05月07日

井戸(その2)

こちらの井戸は路地の行き止まり、建物の隅っこに行儀よく収まっていました。おおぜい寄り集まって会議を開くには向きませんが、本来の用途は満たしています。吐水口には木綿の濾し布が巻いてあって、いまだに実用に供されていることがうかがえます。ここで目立たないまま、もうしばらく生き残っていてほしいものです。
20051113-036.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 14:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
貴重な飲料水である井戸水が放射能で汚染されないことを願うしかない現代が、ちょっと・・・、政治に違和感を持つ。
Posted by 飯塚晴夫 at 2012年05月07日 16:03
そういえば、地表の水が汚れたらとりあえず地下の水でしのぐ手がありそうですね。そう考えると井戸を残しておいて損はありませんね。
Posted by シブヤ・トモユキ at 2012年05月07日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
日当りのいい縁側 by 成瀬夏実 (11/10)
護岸 by シブヤ・トモユキ (09/16)
護岸 by 飯塚晴夫 (09/16)
素人料理 by シブヤ・トモユキ (09/01)
素人料理 by 飯塚晴夫 (09/01)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。