2012年07月13日

ちょうだいな

思わずそう叫びながら店に入りたくなります。子供のころ四丁目のお宮で遊んで、お宮の前のこんな感じの駄菓子屋でおでんを食べたものです。こうして眺めているうちに近くの公園から洟垂れ小僧たちが大挙して駆けつけやしないかとわくわくしました。
20051029-033.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 19:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
駄菓子屋いいですねえ。イカの甘露煮なんか大好きでした。子供の頃、お店のおばさんがいい人だった駄菓子屋さんは、買い物するのが本当に楽しかった。蝋石とか空気銃の弾とかBB弾とか味付けの紙とか(^^)本当に楽しかった頃ですね。懐かしい。
Posted by 飯塚晴夫 at 2012年07月13日 21:37
最近の駄菓子屋はビルの一階にあったりするそうですが、やっぱりこんな感じの建物であってほしいですね。かっぽう着のおばさんが出てきて相手をしてくれるんですけど、アイスの棒に当たりが出るとちょっと悔しそうな感じで、それがまたおもしろかったものです。
Posted by シブヤ・トモユキ at 2012年07月13日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/280827754

この記事へのトラックバック
最近のコメント
日当りのいい縁側 by 成瀬夏実 (11/10)
護岸 by シブヤ・トモユキ (09/16)
護岸 by 飯塚晴夫 (09/16)
素人料理 by シブヤ・トモユキ (09/01)
素人料理 by 飯塚晴夫 (09/01)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。