2012年07月22日

角の家

角の家は建物の二面を同時に眺められて楽しいものです。道の角度が直角よりも狭く、家がとがっていたりすると、ますます楽しくなってきます。この場所が船のへさきのように感じられて、子供のころは飽きずに眺めたものです。このお宅を先頭に、このご町内が打って一丸となって地面をメリメリとかき分けてこっちに進んでくるようでわくわくしたものでした。
20100919-002.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 14:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 そういう、ビルが帆船のように動き出す映画がイギリスのモンティパイソンシリーズにありました。(^^)。懐かしいですね。
 このお店も小さいのに健気に商いで生活を建てておられるようで、尊敬します。
Posted by 飯塚晴夫 at 2012年07月23日 16:19
おお、モンティバイソン!好きですが残念ながらその場面は記憶にありません。貴族がマッチ箱の塀をまたげないとかスコットランド人とか自転車でドイツまで行ってしまうとかはうっすら憶えていいるのですが。それにしても路地が海に見えるようでは私の脳みそもモンティバイソンですね。
Posted by シブヤ・トモユキ at 2012年07月23日 22:25
追伸:
モンティパイソンのその映画はDVDのものでした。(^^)。ビルが錨を歩道から引き上げるとことか、オフィスの窓から大砲?ぶっぱなすとかとにかくおもしろかったです。(^^)。それじゃまたね。
Posted by 飯塚晴夫 at 2012年07月23日 22:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/282525173

この記事へのトラックバック
最近のコメント
日当りのいい縁側 by 成瀬夏実 (11/10)
護岸 by シブヤ・トモユキ (09/16)
護岸 by 飯塚晴夫 (09/16)
素人料理 by シブヤ・トモユキ (09/01)
素人料理 by 飯塚晴夫 (09/01)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。