2012年08月29日

お寺に見立てて

以前アップした銭湯の、別の写真です。
銭湯は独特の作りをしていて、聞けば宮大工がその腕を活かして建てている。だから銭湯は神社仏閣のような形をしているんだとか。
そんなことを知らない子供の頃の私は、自宅に風呂がなかったので毎日銭湯に通ってはお寺に見立てて遊んだものです。ここは絵はがきで見た京都大覚寺だと言ってはつっかけサンダルでづかづか上がり込み、裸になって金魚の池をみれば、ああここは宇治の平等院だったのかなどと想像して楽しみました。
この銭湯は角地に建っていて小さいので、さしずめどこかの別院でしょうか。ばちあたりな話です。
20030605-016.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 14:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今が疲れていると、元気だった昔に戻りたいとも思います。銭湯にゆっくりとつかってみるのは、とても贅沢な時間だったんだなあと今、思います。(^^)風呂上りの冷たいカルピス、うまかったあ〜。銭湯は楽しい場所でした。
Posted by 飯塚晴夫 at 2012年08月29日 21:55
おっしゃるとおりです。子供の頃は元気だったなあと今さらながら思います。私の風呂上がりはコーヒー牛乳かフルーツ牛乳でした。パンピーは酸っぱいので苦手でしたね。
Posted by シブヤ・トモユキ at 2012年08月30日 11:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/288979077

この記事へのトラックバック
最近のコメント
日当りのいい縁側 by 成瀬夏実 (11/10)
護岸 by シブヤ・トモユキ (09/16)
護岸 by 飯塚晴夫 (09/16)
素人料理 by シブヤ・トモユキ (09/01)
素人料理 by 飯塚晴夫 (09/01)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。