2012年10月21日

貴金属商

商売のための事務所かと思ってよく見たら貴金属商とありました。物を売るお店ではないので麗々しい陳列台や派手な張り紙などはありません。そのかわり、そういう店にない作りをしています。二階部分に見える鉄の扉はいかにも厳重です。一階の大きいガラス窓は商品を選別するための明りとりかもしれません。
20101119-020.JPG

横を覘くと奥行きがありました。町工場のようで、ここで貴金属になにか処理を施すのかもしれません。魚屋や八百屋のようになじみのある店ではないので、いろいろな想像をかき立ててくれます。
20101119-019.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
二条城の南にある蔵屋橋本という刀商の家のたたずまいを思い出しました。二階が刀の保存場所になっていたようで、そういえば額縁屋のいそべ額縁も二階が額縁の倉庫になっていました。商いの基本は二階建ての家、かもしれませんね(^^)v
Posted by 飯塚晴夫 at 2012年10月21日 22:18
そうですか、刀商ですか。京大阪方面にはそういうお店があるんですね。見てみたいものです。たいがい二階は仕事場だったりしますよね。こういう建物は少しでも長く残ってほしいと、勝手ながら思ってしまいます。
Posted by シブヤ・トモユキ at 2012年10月22日 12:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/298439976

この記事へのトラックバック
最近のコメント
日当りのいい縁側 by 成瀬夏実 (11/10)
護岸 by シブヤ・トモユキ (09/16)
護岸 by 飯塚晴夫 (09/16)
素人料理 by シブヤ・トモユキ (09/01)
素人料理 by 飯塚晴夫 (09/01)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。