2012年11月11日

遠い玄関

小学校の頃の同級生F君の家に友達みんなで遊びに行ってびっくりしたのは、門から玄関までが遠いこと。お金持ちとは聞いていたけどこれはすごいねと、話しあう声まで小さくなりました。門柱の表札を確かめてからおそるおそる玄関までいくと、きれいな身なりのお母さんが出迎えてくれて、自分たちの家とはずいぶん違うとまたびっくりしたものです。このお宅も奥から子供たちが「さよなら。わーっ」と言って走り出てきそうな気がします。
20101205-013.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 18:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんな感じですね(^^)木々の雰囲気も家の雰囲気は少し違うけど醍醐寺近辺の住宅も同じようないい雰囲気があります。庭師さんが庭木の手入れをしているのをよく見かけます。どうしたらこんなにお金が入るのか不思議な思いで通り過ぎておりました。大きな木の育てられる住宅が欲しいですねえ(^^)一生無理なようにも思いますが。
Posted by 飯塚晴夫 at 2012年11月11日 19:29
醍醐寺界隈は旧家が多いのでしょうね。東京下町とはたぶん大違いです。こういうお宅に住むなんて一生ないだろうなと、子供にころ思っていましたが、そのとおりでした。自宅の庭に大木があったらいいでしようね。落ち葉を竹ぼうきで集めて焚火して。夢ですね。
Posted by シブヤ・トモユキ at 2012年11月11日 20:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/301360351

この記事へのトラックバック
最近のコメント
日当りのいい縁側 by 成瀬夏実 (11/10)
護岸 by シブヤ・トモユキ (09/16)
護岸 by 飯塚晴夫 (09/16)
素人料理 by シブヤ・トモユキ (09/01)
素人料理 by 飯塚晴夫 (09/01)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。