2012年12月04日

カステラのような家

その昔は殷賑を極めた商店街だったろうに、通りに面して軒を連ねていた家々が無くなっていき、一軒だけになってしまいました。こうなるとまるでカステラです。よっかかるべきお隣のカステラがなくなって、いまはザラメ砂糖の粘着力だけで下に敷いた薄紙にひっついている風情です。
20101102-006.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 12:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当にそのようなお宅ですね。カステラの横のKIRINは紅茶と言ったところでしょうか(^^)。ギャップがおもしろい家です。
Posted by 飯塚晴夫 at 2012年12月04日 14:58
そうですね。それにしてもこんな所に自販機があると何となく買いにくい感じがします。商品がガタンと転がり出ると、家の中から「まいどどうも」などと声をかけられそうな気が。
このところ急がしくて更新をさぼっていました。ちょっとカステラシリーズをやってみようかと思っています。
Posted by シブヤ・トモユキ at 2012年12月04日 17:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
日当りのいい縁側 by 成瀬夏実 (11/10)
護岸 by シブヤ・トモユキ (09/16)
護岸 by 飯塚晴夫 (09/16)
素人料理 by シブヤ・トモユキ (09/01)
素人料理 by 飯塚晴夫 (09/01)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。