2012年12月13日

カステラのような家(その3)

ここにもカステラが。でも両どなりは空地てはなく新築ビルでした。むかし、お菓子やおかずをひとつだけ残すと「遠慮のかたまり!」とおばあちゃんは唱えました。このお宅、遠慮しているうちに孤立して、さらに遠慮してたら新参者にはさまれたという感じです。それにしても仔細に眺めると面白いお宅です。2階建てなのか3階建てなのか。2階の窓の両側に戸袋があって、雨戸をどっちにしまうのか迷います。3階の上に屋根状のものがあって、外だか室内だかわかりません。下からうかがい知れないだけに気になってしかたありませんでした。
20101005-003.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
家が困っているような風情が可愛い。(^^)家に個性というか生きている性格があるように感じられてほのぼのします。(^^)サイズも小さいので子供のような雰囲気も感じたり。面白いです(^^)。
Posted by 飯塚晴夫 at 2012年12月14日 13:44
私の趣味からするといつまでも残っていてほしい建物ですが、いつかは。その時ここはどうなるのでしょうか。昔なら一家が暮らすのに足りる広さですが今となってはどう活かすのか想像がつきません。いえ、柄にもない心配をしてしまいました。
Posted by シブヤ・トモユキ at 2012年12月15日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/306985574

この記事へのトラックバック
最近のコメント
日当りのいい縁側 by 成瀬夏実 (11/10)
護岸 by シブヤ・トモユキ (09/16)
護岸 by 飯塚晴夫 (09/16)
素人料理 by シブヤ・トモユキ (09/01)
素人料理 by 飯塚晴夫 (09/01)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。