2012年12月23日

カステラのような家(その4)

建物の切り口を見ると以前は横に伸びていただろうことが分かります。長屋がカステラのように切り分けられて、最後の一切れが残ったようです。商売だから店先にバイクや自転車を置きたくないはずですが、昔っからの習慣で脇や裏手に回すことができないのかも。向かって左側はビルになっていますが、ここももとカステラだけあって、間口のせまい建て方になっていました。
20101005-002.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 13:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
家っていいなあ〜という感じです(^^)。この理髪店奥が結構あってなかなかやるではないかと思いますが、最近は1000円ヘヤーカット店が、うちの近所にもできたり(利用していますが)、普通の理髪店は経営が難しくなってきてはいないかと少しだけ心配しています。経営というのは大変な作業ですね。繁盛していた時もあれば、時の流れに押し流されて廃業していく時もあるし。そんなことを考えました(^^)。
Posted by 飯塚晴夫 at 2012年12月23日 15:36
もしも耐えきれなくなってこの地を去ることになったとして、この床屋さんは別の場所で店を再開するでしょうか。そう考えるとおっしゃることがよくわかります。そうそう、私も1000円床屋を利用しています。ふつうの床屋で耳たぶを剃ってくれなくなったので行かなくなってしまいました。
Posted by シブヤ・トモユキ at 2012年12月23日 21:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
日当りのいい縁側 by 成瀬夏実 (11/10)
護岸 by シブヤ・トモユキ (09/16)
護岸 by 飯塚晴夫 (09/16)
素人料理 by シブヤ・トモユキ (09/01)
素人料理 by 飯塚晴夫 (09/01)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。