2013年02月21日

カギ型の路地ふたつ

入り組んだ一角を探検していると、東京には珍しいカギ型の路地を見つけました。突当たりで左に折れていますが、その先は行き止まりではなかろうか、人家で住人と鉢合わせしないだろうか、と進むのにひるんでしまいます。
20030606-032.JPG

こちらは突き当たって右に。通り抜けられそうな明るさは感じますが、やはり足を踏み入れにくい雰囲気です。子供の頃の思い出がよみがえります。「こらっ!だれじゃ!」
20030606-031.JPG


posted by シブヤ・トモユキ at 13:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
綺麗に整いすぎてコメントのしようがない風景だと思う。植木に陽が当たっていればまた違う趣きもあるのでしょうが、寒いという感じです。猫も通りそうにない雰囲気で。塀が立派で私とは身分が違う感じもして寒いですね。そんなコメントしか浮かびませんでした(^^;)すみません。
Posted by 飯塚晴夫 at 2013年02月21日 16:46
いつもコメントをいただきありがとうございます。悩ませてすみません。この日はあいにく曇りで写真としてもいまひとつでしたが、路地歩きのわくわく感は晴れなら晴なりに、雨なら雨なりに感じるものがあって楽しいものです。そうそう、塀は確かに立派でしたが建物は古かったですよ。
Posted by シブヤ・トモユキ at 2013年02月21日 16:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/324355434

この記事へのトラックバック
最近のコメント
日当りのいい縁側 by 成瀬夏実 (11/10)
護岸 by シブヤ・トモユキ (09/16)
護岸 by 飯塚晴夫 (09/16)
素人料理 by シブヤ・トモユキ (09/01)
素人料理 by 飯塚晴夫 (09/01)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。