2013年02月25日

たばこ雑貨

これまた懐かしい構えのお店ですが、嫌煙権やらなにやらでこれだけタバコ離れが進むと商売にならないでしょう。いろんな形態のお店が増えたから雑貨もまたおなじです。昔は男ならタバコを吸うのは当たり前で日に二箱はザラでした。祖父に命じられてこういうタバコ屋にお使いに行ったものです。ついでに祖母の買い物でたわしやクレンザーを買うこともありました。あとでお駄賃をもらう楽しみを、今の子は味わえないとは気の毒です。看板娘に会う楽しみも・・・
20070505-025.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このアングルは九条に住んでいた頃、近所の九条通南側にあったタバコ屋のたたずまいにそっくりです。左の石畳がアスファルトであったことをのぞけばよく似ています。そのアスファルト通りの左角には炭やアイスクリームを売っているお店があり家の裏で鶏を飼って自家製の卵を売っておられました。とてもおいしい卵でした。よく1kg単位で買いに行ったことがなつかしい。(^^)v
Posted by 飯塚晴夫 at 2013年02月25日 10:22
まさか店主どうしが示し合せたわけではないでしょうが、商売によって日本全国デザインが共通してくるんでしょうね。軒先のテントの先のピロピロした部分なんかも懐かしい感じでした。そうそう、炭の店なんかも昔はありましたっけ。ミツウロコの練炭とかタドンとか。九条も今は様変わりなんでしょうね。
Posted by シブヤ・トモユキ at 2013年02月25日 12:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
日当りのいい縁側 by 成瀬夏実 (11/10)
護岸 by シブヤ・トモユキ (09/16)
護岸 by 飯塚晴夫 (09/16)
素人料理 by シブヤ・トモユキ (09/01)
素人料理 by 飯塚晴夫 (09/01)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。