2013年03月25日

銅板葺き

かつて東京都心にはこんな感じの銅板葺きの商家があちこちにありました。当時はモダーンでデラックスな感じを醸し出していたんだろうなあと子供の私は想像を巡らしました。今まれに出会う銅板葺きに昔とおなじ空想をしてしまいました。ミルクホールというのもこれまた古いですね。都内ではここと秋葉原駅構内しか知りません。
20061118-025.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 13:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
銅板葺きがどのようなものか記憶は定かではないですが、銅の板は美しいですねえ(^^)大好きな色合いです。道端に落ちていた銅線なども、原付をとめて拾ったりするほどです。銅線でフックをつくったりし、小物を壁にひっかけたりしてます。脱線しました。すみません。(^^)こういうお店でおいしいミルクを飲んでみたいと思います。ハイ。
Posted by 飯塚晴夫 at 2013年03月25日 13:44
出張していていま帰宅しました。そう、銅は独特の色ですね。銅は毒だと子供のころ教わって10円玉も怖くなったことがありました。先月でしたか電線の被覆をむいて銅の単線を取り出して、流しの口に合わせて丸めてはめてみたらぬめりがつかなくなって、ああ、やはり毒だったんだなと思いました。おっと私も脱線しました。
Posted by シブヤ・トモユキ at 2013年03月27日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近のコメント
日当りのいい縁側 by 成瀬夏実 (11/10)
護岸 by シブヤ・トモユキ (09/16)
護岸 by 飯塚晴夫 (09/16)
素人料理 by シブヤ・トモユキ (09/01)
素人料理 by 飯塚晴夫 (09/01)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。