2013年07月15日

更地

下町を貫く幹線道路は土盛りを繰り返して土手のように高くなっています。東京の下町はどこまでも平地で、低い家屋が続いているから、土手に上がれば遠くまで眺められます。足元を見ると更地がありました。この場所にも向こう側の平屋みたいなお宅があったのでしょう。上屋を撤去したあとには草が生えて枯れて、わずかに礎石と飛び石が覗いているだけ。かつて空き地だった雰囲気を取り戻していました。
20060205-043.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 13:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更地もいいもんですね。(^^)何も無いようだけど、バッタとかカマキリとか、名も知らない小さな花とかがあって退屈はしませんでした。若い頃の話ですが。(^^)
Posted by 飯塚晴夫 at 2013年07月15日 16:59
子どものころ友だちと遊んだ広場は今にして思えばこの程度の空地だったのかもしれません。以前は子供も多かったし、野良犬や野良猫だってよく見かけました。いまはひっそりしたものですね。
Posted by シブヤ・トモユキ at 2013年07月15日 17:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369312142

この記事へのトラックバック
最近のコメント
日当りのいい縁側 by 成瀬夏実 (11/10)
護岸 by シブヤ・トモユキ (09/16)
護岸 by 飯塚晴夫 (09/16)
素人料理 by シブヤ・トモユキ (09/01)
素人料理 by 飯塚晴夫 (09/01)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。