2013年02月24日

角のしもたや

商売をやめてしまった家を見て、ああ、ここもしもたやになっちゃったなあと、むかし祖父が言ったのを思い出します。このお宅、テントがしつらえてあるので何かの商売をしていたようです。商店街のはずれの、住宅ばかりになる直前の変形交差点の角にあって、かつては人通りも多かったことでしょう。いまは暖かい陽をあびて静かにしています。
20050918-024.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 11:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

カギ型の路地ふたつ

入り組んだ一角を探検していると、東京には珍しいカギ型の路地を見つけました。突当たりで左に折れていますが、その先は行き止まりではなかろうか、人家で住人と鉢合わせしないだろうか、と進むのにひるんでしまいます。
20030606-032.JPG

こちらは突き当たって右に。通り抜けられそうな明るさは感じますが、やはり足を踏み入れにくい雰囲気です。子供の頃の思い出がよみがえります。「こらっ!だれじゃ!」
20030606-031.JPG


posted by シブヤ・トモユキ at 13:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

緑したたる路地(その3)

先の方に商店街があるらしく、狭いながらも人通りが多い路地。店もぽつんぽつんと出ています。このお宅は角地にあって緑に守られていますが、出入り口も角、電柱も角にあります。気の毒のようでもあり、路地を曲がる車から守ってくれそうで心強くもあり、面白い眺めです。
20030623-017.JPG

買物帰りとおぼしき主婦がこの角を自転車で曲がって行きました。道の奥にもずっと緑が続いているようで、行ってみたくなる光景です。
20030623-016.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 17:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

緑したたる路地(その2)

通りにくそうに緑が生えています。狭い路地だから通るたんびにガサガサとあたりそうですが、切られることなくすりきれもせず元気に伸びていました。
20030623-011.JPG

こちらはちょっと広めの路地。右手はこれまた草木の好きなお宅のようで、庭木が青々と伸び放題でした。あまり手入れをしない庭というのもいいものです。
20030623-014.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 08:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

緑したたる路地

東京の北東に位置する下町の一角に、こまめに緑を育てている一角がありました。繁茂する草木を板塀で押さえつけているような感じです。左手の階段も昇りにくそうに見えます。
20030623-007.JPG

次の路地をのぞくと、ここも置くまでまばらに緑が見えます。コンクリの地べたにも苔が生えて、これまたいい感じです。
20030623-010.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 20:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
日当りのいい縁側 by 成瀬夏実 (11/10)
護岸 by シブヤ・トモユキ (09/16)
護岸 by 飯塚晴夫 (09/16)
素人料理 by シブヤ・トモユキ (09/01)
素人料理 by 飯塚晴夫 (09/01)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。