2013年04月29日

物干台

住民が去った昭和の路地裏も、かえって往時を偲ばせます。いっぺん家に入れば、用がないかぎり人はやたらと外に出たりしなかったので、こんな感じに近所はひっそりしていました。長屋だからどのお宅も間口はおんなじ。二階の物干台もそっくり。
20061224-043.JPG

振り返っても人の気配はありません。夕陽を受けた物干台に洗濯物が出ていないので、それで住民が去ったと知れます。自転車が一台寄せてあって、スタンドが壊れているものだからペダルの下に木の切れ端を挟んであって、今にも人が出てきて乗っていきそうですが、やはり住民はいません。
20061224-046.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

貼り紙お断り

昔からのお店の雨戸にどっさり貼り紙がしてありました。どうもお店の人が貼ったもののようです。お断りと書いても貼られてしまうので、先回りして自分で貼ったのかと想像します。レイアウトにもけっこう気を使っているようですが、これでは雨戸をあけたてするときに不便だろうと心配になります。
20060205-010.JPG

いえ、商売している風でもないので、一晩中このままなのかもしれません。手書きの漫画も多くて、興味をそそられますが、あまり立ち止まってしげしげと見るわけにもいきません。後ろ髪をひかれつつ立ち去りました。
20060205-011.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 15:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

シャッター

見たとたん足がとまり、ハタと考えてしまいました。なぜ閉めてあるんだろう。開けるときはあるんだろうか。風除け?まさか両側をふさぎ忘れたわけではないでしょうし、ガレージにしては狭すぎます。もしも自分が泥棒だったら、あえてシャッターをこじ開けてこのお宅にコソ泥に入って、このシャッターの存在意義を証明してやりたいなどとあらぬ妄想を膨らませてしまいます。
20070505-028.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 16:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

銅板葺き

かつて東京都心にはこんな感じの銅板葺きの商家があちこちにありました。当時はモダーンでデラックスな感じを醸し出していたんだろうなあと子供の私は想像を巡らしました。今まれに出会う銅板葺きに昔とおなじ空想をしてしまいました。ミルクホールというのもこれまた古いですね。都内ではここと秋葉原駅構内しか知りません。
20061118-025.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 13:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月12日

・・・・ナヤベーカリー

木造平屋に大きい看板。商売らしいガラス戸で裏手は住まいの庭。個人の小店の一典型です。最近立てた公衆電話は、以前は右手の窓を開けたところに置いてあったピンク電話の跡継ぎだろうか、とか、角の鉄柱は牛乳屋のオート三輪に当てられて、懲りて立てたんだろうか、とか妄想を巡らします。それにしても半分が塗りつぶされた看板はもっとも気になるところ。榛名屋?山科屋?翁屋?それとも意表を突いてただの納谷ベーカリーでしょうか。妄想が妄想を呼びます。
20060218-017.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 18:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

乾かす!

今日も今日とて路地を歩く。路地にはいろんな面白さがあって、それは建物だけではありません。ああ、木の家だ、塀がなくていいなあ、砂利がしいてあるなあ、などとこのお宅を楽しんで、ついでに路地裏に入り込んで行きつ戻りつして楽しんでいると・・・
20060218-009.JPG

なんだろうこれは。乾かしてくれるのか、乾かす機械を売っているのか・・・。よく「主語がない」などといいますが、こちらは述語がありません。どうすればいいのか困惑するこの感じがたまりません。
20060218-010.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 10:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

塀のある家

ゆったりした平屋で、庭があって木が手入れされていて、塀に囲まれたお宅。子供の頃、こんな家に住んだらどんな感じなんだろうなあ、などと思いました。塀の下が石垣になっているのは土盛りしてかさ上げしてあるからみたいです。東京下町はよく水が出ましたから。
20070707-023.JPG

塀になにか札がかかっているなと見てみると、なんだか懐かしい注意書きがしてありました。琺瑯びきに群青色の手書き文字。もうこんなものも目にしなくなってきました。
20070707-022.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

工場跡地

ここは下町の川筋にある工場跡地。建物はなくなり塀だけが残ってどこまでも続いていて、向こう側には空が広がっています。
20060109-007.JPG

かつて東京都心には番地ひとつ分以上もある大きい工場が点在していましたが今はめっきり少なくなりました。工場は地方へ出ていき、残った広い敷地はマンションや大型商業施設になっていきました。この塀を見るとレンガ積みにしっくい塗り。ずいぶん昔にできた工場だったんだと分かります。とうとう引退するようです。
20060109-008.JPG

壁には落書きがつきもの。たいていは「へのへのもへじ」だったり「バカ」だったりするのですが、ここには「ユトリ」とありました。ペーソスを感じました。
20060109-009.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 10:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

たび

タビかあ。さすがに最近見かけないなあ、と懐かしく眺めました。昔は爺さんも婆さんも足袋の生活で、洗濯して軒先に吊るした真っ白な足袋の、ちょっとおかしな形を思い出します。このお店は肌着も扱っているようなので、たぶん爺さんがはいていたステテコもいっしょに置いてあるかもしれません。看板の電話番号は昔のままの3桁はじまり。宮内庁御用たしというのもまたいい感じです。
20060118-016.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 12:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

たばこ雑貨

これまた懐かしい構えのお店ですが、嫌煙権やらなにやらでこれだけタバコ離れが進むと商売にならないでしょう。いろんな形態のお店が増えたから雑貨もまたおなじです。昔は男ならタバコを吸うのは当たり前で日に二箱はザラでした。祖父に命じられてこういうタバコ屋にお使いに行ったものです。ついでに祖母の買い物でたわしやクレンザーを買うこともありました。あとでお駄賃をもらう楽しみを、今の子は味わえないとは気の毒です。看板娘に会う楽しみも・・・
20070505-025.JPG
posted by シブヤ・トモユキ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
日当りのいい縁側 by 成瀬夏実 (11/10)
護岸 by シブヤ・トモユキ (09/16)
護岸 by 飯塚晴夫 (09/16)
素人料理 by シブヤ・トモユキ (09/01)
素人料理 by 飯塚晴夫 (09/01)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。